カウンタ

プロフィール

トラ

Author:トラ
Martin D-35とGibson B-15、Ovation USA 2778LX-5を主に弾く、土建屋です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Ovaitonの最高級プリアンプ "VIP-5"

【グロ注意】スーパーで売ってた「カリブロ」って野菜がヤバイ(カジ速)
「汚れているのは土なんです。このものたちのせいではないのです。」(「風の谷のナウシカ」より)



モニタを下から覗き込むとパンツが見えるイラストが登場(まにあっくすZ)


課長職から執行役員に昇格 猫駅長「たま」スピード出世(J-CASTニュース)



やっぱり「氷点下を下回る」という言い方は日本語的におかしいようです。
そんな今日この頃。



突然ですが問題です。オベーションをMTRにライン直で録音したのは、次の(A)と(B)のうちどちらでしょう?
ケーブル、ピック等の条件は同じです。

A     B







Aはいかにもピエゾのプリプリした音です。
それに比べてBはかなり自然な音です。
オベーションの音はAだろうなぁ………



ごめんなさい。
実は両方ともOvation 2778LX-5のライン直の音なんです。
このギターにはオベーション製の「VIP-5」というプリアンプが搭載されています。
このプリアンプ、ピエゾで拾った音をマイク録りっぽい音に変換し、ピエゾの音と混ぜて出力する機能がついています。
FishmanのAuraなんかと同じですね。

Aはピエゾ100%で、イコライザのhighとmidをいっぱいいっぱいまで上げた音。
Bはピエゾ50%、変換した音50%の割合で混ぜて、イコライザはフラットで出力した音でした。

繰り返して書きますが、これはライン直の音です。
じゃあBにリバーブとコーラスをかけたら、どんな音になるでしょうか。
MTRに付属のエフェクトを使って、オリジナルの「隠れ里」という曲で試してみました。

隠れ里.mp3(3.9 MB)

自分で言うのもなんですが、かなりいい音に仕上がっていると思います。
BOSSのBR-600というオモチャみたいなMTRのおまけエフェクトで、この仕上がりです。
ライブではBOSSのAD-3というアコースティック用エフェクターを使っていますが、同じような音になって出ているはず。
AD-3は小さくてギグバッグのポケットに入ります。
持ち運びが楽です。





Aの音はピエゾ臭ムンムンの、いかにもオベーションっぽい音ですが、単音でリードをとったりするにはなかなか良かったりします。

Aの音でリード、Bの音でストロークしたサンプル

cobaさんのSARAというアコーディオンの曲ですが、DEPAPEPEっぽいかんじに弾いてみました。
ピエゾらしい立ち上がりの早いエッジの効いた音なので、リードを弾いたりバンドの中で演奏したりするには、あえてこっちという選択肢もありでしょう。




ということで、とりとめもなく書いてきましたが、
結論としましては、VIP-5搭載のOvationはかなり自然な音が出せます。
Ovationはアコギ好きには最近あまり人気がないようですが、ラインで自然なアコギの音を出したい方、エレアコのパイオニアであるOvationを思い出して上げて下さい。
ピエゾ臭さプンプンのOvation的な音もEQの設定で出せるので、BAHOみたいな音を出したい方も、引き続きOvationをよろしくお願いします。




……なんで私はOvationの宣伝をしてるんだ。面白くない。
なので、最後に不満な点を2つ。

「ボディを叩く音はほとんど拾ってくれない」
やっぱりバンドの中でハウリングしないことを第一に考えてるのか。
「Kaki KIngに憧れてOvationを買いました」って人はがっかりするんじゃないか?

「電池がすぐに無くなる」
本当にあっという間になくなる。9Vの電池は高いから、なんとかしてもらいたい。
中尾貿易のページにあるプリアンプの仕様によれば、OP-Proが9V電池で270時間持つのに対して、VIP-5は約1/10の27時間しか持たない。
普通のエレアコの感覚で使うと、本番で音が出ないという最悪の事態が生じる可能性がある。
っていうか実際に生じたんだよ!

というわけで、この2点、Ovationの開発チームの方はなんとかしてください。
スポンサーサイト

M1 passiveとAD-3をテストしてみた

【はじめに】
たまには人の役に立つ更新をしましょう、ということでね。
先日、サークルの後輩たちの新歓ライブを聴いたのですが……
Gibsonのラインの音が酷いのです。
Modern ClassicシリーズだったころのSouthern Jumboなので、おそらくFishmanかL.R.Baggsあたりのインブリッジピエゾが入っていたはずです(Modern Classic シリーズは平成21年5月現在、既に廃止されているので、ギブソンの現行ホームページのラインナップに書いてません。違うかもしれんので、気にする人は確認を)
これがまぁ、シャリシャリするばっかりで、ギブソンらしい音じゃないとかそんなレベルではなく、不愉快極まりない気持ちの悪い音なのです。
恐らく、バンドの中で弾いたときにで埋もれずハウリングせず、ということを目的として開発されたピックアップなのでしょう。
うーん。これを何とかアコギらしい音にできんもんだろうか……

そう思って最近、プリアンプやモデリングについて、ライブやら店頭やらネットやらで事あるごとに目を光らせていました。
「おぉ!」と思ったのは、youtubeで見つけたFishmanのAuraペダル



これはかなり使えそうです。
Zoom A2やBoss AD-8のモデリングとは段違いによさそうです。

が、こんな風に実際の「音」をアップしてる動画やサイトってあんまり無くて、比較が難しい。
折角私も機材を持ってるし、それなりに妥協の出来る音は持ってる機材で見つけたので、色々やりつつアップしてみたいと思います。
このブログで音を聴いて、機材購入や音作りの参考にしてもらえれば幸いです。


【機材】
ギターはMartin D-35、2003年製。
弦はエリクサー ナノウェブ ブロンズ ライト、約2ヶ月前に張ったもの。
ピックアップはL.R.Baggs M1 (パッシブ)
プリアンプ&エフェクターはBOSS AD-3
シールドはピックアップの外出しケーブルとしてついてきたモガミ製 3mと
VOXの一つ前のモデルのアコギ用ケーブル 3m
MTRはBOSS BR-600です。

【じゃあ聴いてみよう】
今回は「最終的に客席に出てくる音」ではなく、「PAに入る時点での音」を考えたいと思います。
なので、特にリバーブは「ちょっと物足りないかな?」という程度にしています。
箱鳴りをシミュレートする感じでリバーブをかけるというスタンスで。
デフォルトではBOSSのMTRは若干リバーブがかかって録音されるようになってますが、全部解除しました。

最初にピックガードをコツコツ叩き、
ピックでイエモンのJAMっぽくアルペジオを弾いて、
ピックで長渕の家族っぽく強めにストロークして、
サムピック付けて低音をハーフミュートしながら、石川鷹彦のScot's Hillっぽく弾いてみました。

M1ライン直の音
ちゃんと叩く音も拾ってます。
そこらのインブリッジピエゾを仕込んだエレアコよりちょっとマシ……という程度の音でしょうか。
あまり色気の無い音ですね……
優秀なPAならこれで十分いい音にしてくれるかも。


M1→AD-3(加工無し)
プリアンプとシールドが追加されたので、少しノイズがのりました。
音は少し太くなったでしょうか? AD-3を通さなかった場合と比べて、多少良くなったような気はしますが、
劇的に変わったという感じはあまりないかな。


M1→AD-3リバーブ9時
最初にリバーブMaxで叩いてから、次にリバーブを12時の位置、最後に9時の位置にしてジャラーンと鳴らしてみました。
その後、9時の位置でさっきと同じように弾いてみました。
リバーブ、かなり効きます。っていうか、12時の位置でも効き過ぎくらいじゃないでしょうか?
ライブでスピーカーを通すなら、かなり小さいハコでも9時以上にすると音がハッキリしなくなるんじゃないでしょうか。
M1なら9時くらいが丁度かな、と思います。

M1→AD-3、コーラス9時、リバーブ9時
というわけで、リバーブは9時にして、コーラスつまみをいじってみました。
リバーブと同様にコーラスつまみをMax、12時、9時でジャラーンした後、9時で弾きました。
コーラスもリバーブと同様、かなり効きます。12時でもかなり揺れます。
9時だとちょっと物足りない程度でしょうか。
リードギターを弾いたりソロギターをやったりするなら、9時~12時くらいで好みの音にセッティングすればいいかと思います。
弾き語りの場合でも、普通の人ならこの9時程度のコーラスがかかっていた方が「いい音」と受け止めるかもしれません。

AD-3には簡単なイコライザも付いてます。
しかし、M1は単体で割と良いバランスで音が出るので、特にいじる必要はないと思い、今回は割愛しました。
録音するのに飽きたという説もありますが

【と言うわけで、結論】
L.R.Baggs M1をBOSS AD-3に繋ぐ場合を考えると、
リバーブは9時の位置程度か、それ以下がいい。
コーラスは好みだが、効きがいいので9時前後を基本に考えること。

【おまけ】
MTRのデフォルトでは、2秒のホールリバーブがかかるようになってます。
この設定のままで、リズムギター・リードギターともに、Martin D-35にM1、AD-3のリバーブ9時・コーラス9時という条件でサンプル音源を録ってみました。
まぁ素人のライブなら及第点な音なのじゃないでしょうか。

サンプル
選曲についての突っ込みは無用の方向で。

| ホーム |


 BLOG TOP