カウンタ

プロフィール

トラ

Author:トラ
Martin D-35とGibson B-15、Ovation USA 2778LX-5を主に弾く、土建屋です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アコギ弾きのためのPA入門(6) ~~歪み~~

前略 おふくろ様
携帯電話の電池が切れているときに限って連絡が来るのはわざとですか?
そんな今日この頃



谷本光がエフェクター内臓エレアコの開発に関わっているらしい。

Samick DigiQ-10紹介ページ

うーん。すごく音が粗いように聞こえるけど、録音・録画は普通のデジカメなのか……
これでは判断ができません。
ただ、機材が軽くなるのはライブやる人にはいいですね。



さて、3ヶ月ぶりですがやりますよ。

アコギ弾きのためのPA入門(6) ~~歪み~~


アコースティック……に限らず、PAをやるにあたっては「歪み」と「ハウリング」は絶対に発生させてはいけません。
今回は「歪み」について。
「ゆがみ」ではなく「ひずみ」と読みます。


さて、「歪む」とはどういう状態を指すのでしょうか?
一般的に撥弦楽器や打弦楽器の音量の推移は、図1のようになります。
実際に測定した値ではありません。本当は音量の減衰は0に漸近する形になるんじゃないかなと思いますが、
とにかく、弦を弾いた直後に音量はピークに達し、減衰して0になります。

overdrive00.jpg
図1. 撥弦楽器・打弦楽器の音量の推移



これがアコースティックな音、そのままの音です。
音量は最大で150程度まで出ています。これをそのまま出力できれば良いわけですが、マイク(ピックアップ)、プリアンプ、ミキサー、スピーカーのどれかが100までしか対応していなかったら、一体どうなるでしょう?
1.5倍程度なら、まぁぶっ壊れることはないでしょう。ですが多分、ちゃんと出力できず、図2のような形で出力されます。


overdrive01.jpg
図2. 歪んだ状態


しつこいようですが、実際に測定した値ではなく、イメージね。
出力不能な部分が潰れてしまっています。この状態を「歪んだ音」と言います。
音量が元の状態からかけ離れているのと同様に、音質も原音からかけ離れたものになります。
どんな音になるかって? んーとねー
↓↓↓↓ こんな! ↓↓↓↓




ペッテリ・サリオラ兄さんの新譜です。
もちろんコレはプレイヤーが狙ってこういう音をエフェクターなりアンプなりで作っているわけで、
PAが失敗で歪ませたわけじゃありませんよ。念のため。

こんなふうにプレイヤーが意図的にコントロールできる範囲で歪んだ音作りをすることは確かにありますが、
プレイヤーの意に反して音が歪んでしまってはいけません。
PAをやる際には、このような歪んだ音を絶対に出さないようにしなければいけません。







まぁ実際問題、歪んで困ることってあんまりないです。
ミキサーとかプリアンプには大抵、入力過多になるまえに警告としてランプが点灯したりしますし、
会場に備え付けてあるシステムなら、普通にやってて歪むようなものは採用されていません。
問題となるのは「ハウリング」の方でしょう。
というわけで、次回。「ハウリング」
乞わないご期待!
スポンサーサイト

アコギ弾きのためのPA入門(5)

豪で「ジャップは日本に帰りやがれ!」と67歳の男性が殴り殺される→フィリピン人でした(痛いニュース)
刺されて死んだとか撃たれて死んだとかじゃなくて、「殴り殺した」って尋常じゃないぜ。
根底にある人種差別を感じるし、渡航を控えるような勧告が必要なんじゃないか。


ハルヒの映画について。
角川書店はええ加減にせえよ、ホンマに。
ってか原作の最新刊はいつになったら(ry
そんな今日この頃。


アコギ弾きのためのPA入門(4)

pa_out.jpg



ミキサーに送られた信号は、どういう経路をたどるのでしょう?
まず、パワー・アンプに送られます。これは家庭用のオーディオと一緒なので、馴染みがあるかと思います。
このパワー・アンプというのは、ミキサーから出力される信号を、スピーカーで鳴らせる大きさまで増幅してやるものです。
ミキサーによっては「パワード・ミキサー」といって、パワー・アンプの機能を備えてるものもあります。

スピーカーは大きく分けて2系統。客席に向けたメインスピーカーと、演奏者が聴くためのモニタースピーカーがあります。
モニターの事は「返し」と言ったりもします。

ここでね、あたしが言いたいんですけどね!
演奏者は自分の出してる音はモニタースピーカーで確認するもんなんよ、と言うことなのです。
バンドでギター弾いてる連中! お前ら全般的にアンプの音量がでかすぎる!
自分のギターの音は、ギターアンプじゃなくてモニターの音で確認するの!
PAはね、小さい音を大きくすることはできるの。でも、アンプから馬鹿みたいに大音響で鳴らしてるのを小さくすることはできないの。
ステージで自分の音が聴きづらかったら、PAに「返しをもう少し上げて下さい」とか注文して下さい。
勝手にアンプの音量を上げたりしないで下さい。


で、バンドのギタリストにも弾き語りの人にも言えることですけど、
モニターからの音が聴きづらかったり、ちょっと注文を付けたいときは遠慮無く言いましょう。


ということで、次回……どうしよ。
PAが絶対に避けなければいけないこと ~ハウリング、歪みetc...~
みたいな。予定は未定!

アコギ弾きのためのPA入門(4)

吉野家、牛丼が売れずに赤字転落へ(痛いニュース)
すすきのには吉野家と松屋が並んでいるのですが、いつみても松屋の方はお客さんが入っていて、吉野家は閑散としてます。
気のせいじゃなかったのね。


一番かわいいぬこ画像貼った奴優勝(無題のドキュメント)

今度は浄土真宗本願寺派が国政に挑戦か?(やや日刊カルト新聞)
 >公明党は、「宗教団体とは別組織だ」と言い張れば宗教政党でも国政の与党に食い込めるという実績を、なし崩し的に作りました。
 >さらに今回の衆院総選挙で幸福実現党が、全敗したとは言え「宗教政党だと公言して立候補しても問題ない」という実績を、なし崩し的に作りました。
 >そして今度は、カルトや新興宗教ではなく伝統宗教が参戦しようとしています。
 >いったい、どこまでなし崩されるんでしょうか。
 >きちんと議論されないまま、特定の宗教団体の意向だけで歯止めなく「宗教の政治参加」が加速しても、いいことはないのではないかと思います。

難しい問題ですな。
宗教は民族のアイデンティティの根幹に関わってる問題なので、なぁなぁで済ますわけにはいかんです。
そんな今日この頃。




アコギ弾きのためのPA入門(4)

(iii)アコギ用アンプのラインアウトからPAに送る

pa_in02.jpg


アコギ用アンプのラインアウトからPAに送る方法。トミー・エマニュエルなんかはこれです。
とある通販サイトに「海外ではこれが主流!」って書いてたけど、ホントかね?
少なくとも平成21年現在、日本の主流は「(i)ダイレクトボックスを通してラインで出す」なのですがね。
メリットは、アンプでモニターするので音作りが思い通りになることでしょうか。
デメリットは……機材がかなり重くなる!

11/25追記
思い出しました。通販サイトではなく、Marshallの日本公式ページでした。
アンプメーカーが「海外ではアンプが主流」って書いていたので、すごく胡散臭いと思ったのでした。



(iv)アコギ用アンプで出した音をマイクで拾う。

pa_in03.jpg


エレキでは最も一般的な方法ですが、アコギではほとんど見ません。
加奈崎芳太郎さんがやってたけど、フェンダーのエレキ用アンプからクランチ気味のセッティングで出していたので、アコギの音では無いような……
ピエゾのペチペチした音を緩和できるという説もありますが、
「アコースティックな音」を目的としてやってる人がほとんどいないというのは、
まぁメリットがほとんどないってぇことでしょう。


という感じで、アコギをステージで使う場合は、(i)~(iv)のどれか、もしくは組み合わせでミキサーに音を送ります。


次回。ミキサーからの流れ(予定は未定)

アコギ弾きのためのPA入門(3)

アコギ弾きのためのPA入門(3)
~んで、アコギ弾きはステージに何持って行ってどう繋げばいいの? 前編~

実際にアコースティックギターでライブをするとき、ステージ上はどんな感じになるのでしょうか?
一番多いのは、エレアコをダイレクトボックス(DI)に繋ぐパターン。

(i)ダイレクトボックスを通してラインで出す
pa_in00.jpg


一般的にはアコギをステージで使うときはこうします。
勿論、エレアコを使うか後付ピックアップを付けてるって前提ですけど。
プリアンプとかダイレクトボックスという耳慣れない機材が出てきましたね。

プリアンプとは?!
パッシブ(電池の入っていない)ピックアップは出力が小さいので、ノイズの影響を受けやすいです。
アコギ用プリアンプってのは、ピックアップの拾った小さい信号を大きくしてやろう、という機材です。
アコギ用の物は、後述するDIの機能や、リバーブ・コーラスといったエフェクト付きのものも多いです。
ホントにプリアンプとしての機能だけのもので名の知れてるのって、FishmanのGIIとかL.R. BAGGSの GIGPROくらいなもんかな。
貼り付けピエゾとかだと必須ですが、電池入れるエレアコや、後付でも出力の大きいマグネティック・ピックアップを使うのなら、とくに用意しなくてもとりあえずは大丈夫です。


ダイレクトボックスとは?!
簡単に言えば、ギターやベースの信号を、ノイズが乗りにくいミキサーに直接入れられる信号に変換する機材です。
まぁDIを通さなくても10メートル未満くらいなら、ちゃんとしたシールドを使えば気にするほどのノイズはのらないかな。
普通はライブハウスの側で用意してくれてるはず。
小さいところだと「もう直でミキサーに入れて」ということも。
こだわる人は自分で用意してもいいし、ちょっといいアコギ用プリアンプはDI機能が付いてるので、それを使ってもいいでしょう。
単体でダイレクトボックスを自前で買う意味はないかと思います。

エフェクターは……まぁ好みで。
普通はアコギにはリバーブ・コーラス・ディレイあたりを。
バンドの人はコンプレッサーとか使ったり。

IMGP0349.jpg


こんなん買って、結局使いこなせないアホは私一人でいいよw









(ii)マイクで拾う
pa_in01.jpg


図にするほどのことは無い気がしますけども。
この方法は自然なアコースティックギターの音が拾えるというメリットがある一方、
ハウリングを起こしやすいことや、体を動かすと音量や音色が変わってしまうというデメリットも多く、あまりプロのステージでは使われていません。
が、全然いないわけではないです。
高田渡は晩年アル中で強く弾けなくなってもマイクを立てていて、見かねた中川イサトがエレアコをもたせたとかいう話があるとかないとか。
YouTubeで色々漁ってたら、Rick Ruskinがマイク立ててライブやってる映像ありました。



ビートルズの Here Comes the Sun



イーグルスの Hotel California


エレアコでは絶対に出せない「生音」の圧倒的な暖かみがいいです。
つづく。。。

アコギ弾きのためのPA入門(2)

この画像を 二 度 見 す る よ う な 画像にしてくれ!(ヴィブロ)


クレヨンしんちゃんの作者が失踪(ニュー速クオリティ)
大丈夫でしょうか……


鳩山みゆきさんは 大 丈 夫 な ん で す か ?
そんな今日この頃。


アコギ弾きのためのPA入門(2)


PAとは?
さて、「PA」とは何でしょう?
ボケ倒してみよかとも思ったんですけど、いきなり正解書きますね。
「パワー・アンプ」の略です。



……というのは嘘ぴょんで。
本当は「Public Address」の略です。日本語に訳すと「公衆伝達」です。
後ろの方の人は聞こえないから、みんな聞こえるようにしようぜ、ということ。
つまり、拡声装置全般を指す言葉なのです。
武道館の音響装置も、町内放送や校内放送も、全部ひっくるめて「PA」。


ライブで「PA」をつけるということは……
一番いい音を、できるだけ会場の多くの人に聞こえるようにしよう、ということです。


実際にライブハウスとかでやる場合に「PA」っていう場合、あまり「音響装置全体」を指すことはあまりありません。
「ベースはアンプ使わずに、ダイレクトボックスで直接PAに送って……」とか言う場合には、「PA」はほぼ「ミキサー」と同義として扱われていると思います。
以下、「PAの最優先事項とは?」「アコースティックライブでのPAのコツ」などを書いていきますが、
ここでの「PA」の定義は「音響装置全体」ではなく、一般的に使われているような「ミキサー」「ミキサーをいじる人」という意味で使います。


というわけで、「一番いい音を、できるだけ会場の多くの人に聞こえるようにするには、どんな風にミキサーをいじればいいか?」という事を、アコースティックギターを主体にしたライブを念頭において書いていきます。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE