カウンタ

プロフィール

トラ

Author:トラ
Martin D-35とGibson B-15、Ovation USA 2778LX-5を主に弾く、土建屋です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Song for 1310

研究室の先輩に連れられ、わざわざ長沼までジンギスカン食いに行きました。
ミニカに男三人乗りで。
車があれば1時間くらいで行けちゃうんですねぇ。
ギターなんか買わなければ、中古のミニカなら余裕で買えたんでないかい。
そんな今日この頃。


いつまで出続けるんやと言われそうですが、
“生”時計台ライブ、11月15日に出させていただきます。
で、宣言します。『くじら』(小松原俊)と『Song for 1310』(岸部眞明)を弾きます。
両方とも難しい曲ですが、非常に良い曲でいくら弾いても飽きません。
今日だけで『Song for 1310』は40回くらい弾いてます。
なんとか頑張ってものにせねば……。


『Song for 1310』、ホントに良い曲です。
岸部眞明さんが、師匠で日本ソロギター界の重鎮、中川イサトさんを想って作った曲。
岸部さんは他にも素晴らしい曲をたくさん作ってはりますが、この曲は別格です。
ライブに行ったりCDを聴いたりしても、この曲は特に心がこもっているように感じるのは、私の気のせいでは無いと思います。
コピーする側としても半端な演奏はしてはいけない……
と、勝手にプレッシャーを感じています。
実は11月は結構……というか、かなり忙しいのだけれど、
なんとか時間を上手く作って、納得できるレベルまで練習するつもりです。




納得できなかったら斉藤和義うたいます。
スポンサーサイト

右手のフォーム

たった今学校から帰ってきました。
ホントは卒論中間発表のパワーポイントを作り終えてから帰りたかったのだけど、明らかに能率が下がってきたので。
今はブロッコリー茹でてます。
そんな今日この頃。


土曜のライブとは別口なんですが、岸部眞明さんの指導を受ける機会がありました。
こういう時は遠慮せず、無理矢理質問をつくってでも絡むべきです。

とら「あの~、hajimariとかで出てくる速いフレーズが弾かれへんのですけど……」
と言ってちょっと弾き始める私。0.5小節で岸部さん。
「まずフォームが悪いね。それやとなんぼ練習しても弾かれへんよ」
こんなにすぐダメ出しされるとは思ってなかったので少し驚きましたが、
丁寧に説明しながらフォームの矯正をして下さいました。

このフォームが身につくまで練習しまくりたいなぁ……

岸部さんLIVE

なかなかまとまった文章が書けないなぁ。

今日は岸部さんを聴きに行ってきます
骨折してたらしいですが、もう大丈夫とのこと。北海道ツアーに間に合って良かった。
会場は結構料理に力入れてる感じのお店なので、そっちも楽しみです。



(本音)
2500円っていいながら要1drink&1foodって、確実に3500円以上かかるじゃないか。
なんかしっくりこない。。。

| ホーム |


 BLOG TOP