カウンタ

プロフィール

トラ

Author:トラ
Martin D-35とGibson B-15、Ovation USA 2778LX-5を主に弾く、土建屋です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

SITの回し者ではありません

良いニュースと悪いニュースがあります。

良い方から。
携帯電話を買い替えました。これの赤。
まぁワンセグなんかそうそう見ないだろうし、
PCサイトビューワーも通信料かかるから使わないだろうし、
あまり性能をフルに使いこなせなさそうですが。

しかしQRコードを読めるってのと、赤外線通信ができる。
この2つでずいぶん便利になるはず。
あと、意外に使いそうなのがFMラジオ。



悪い方。
ずっとメインギターのMartin D-35に張る弦は、
SIT Royal Bronseライトゲージにしてたんですが、
楽器屋に行ったら品切れで、ワンランク細いのしか無かった(泣
店員さんに聞いてみたところ、今後入荷する予定はあるとのことですが......
この弦、札幌で扱ってるのは知る限り島村ステラ店のみ。
うーん、困った。ライブは明日やのに。

だからって細い弦を張る訳にもいかんので、
Martin SP Phosphor Bronze のライトを代わりに買いました。
これもまぁ、良い弦なんだけどね。


ギターにもよるし弾き方にもよるので、あんまり鵜呑みにされると困るんですが、
ロイヤルブロンズは良いですよ。
Martin SPと比較すると、倍音成分と音量自体がかなり大きいです。
元々D-35は高音が出るギターですが、
ロイヤルブロンズを張ってストロークなんかしてやると、
シャリーンという感じで本当に気持ちよく歌えます。
輸入元のホームページに書いてある
「輪郭ある明るいサウンドと、大きな音量が特長のプレミアムアコースティック弦です。」
は伊達じゃない。

元々、店頭で何気なく手に取ってパッケージの裏を見たら
「すべてのギタリストにとって一番だぜ!」
「すべてのピックアップにとって一番だぜ!」
「すべてのカポにとって一番だぜ!」
みたいな箇条書きが英語で書かれていて、
カポと弦の相性について言及するなんて珍しいなぁ......と思って買ってしまったのがきっかけ。
騙されたと思って一度試してみてください。


明日のライブは違う弦か......テンション下がってきた。
スポンサーサイト

電車じゃなくて汽車

「ソンナノカンケーネ エビバディ」 小島よしおがジャマイカのDJにパクられる
サビ以外の歌詞はどんな意味なんやろね?



稚内に行ってきました。
特急サロベツという3両編成の汽車で、片道約6時間かかります。
乗り換えなしで6時間というのは結構辛いです。
駅間距離が長い上停車時間も短いので、新鮮な空気が吸えず息が詰まりそうでした。
6枚綴りの回数券を買うと結構安いのですが、
2人以上なら車で行った方が、ガソリン代は安上がりかも。
あー、腰が痛い。

鉈で此処

natadeko.jpg

昨日の京都競馬5Rの8枠。
 8 ヨクバリ
 9 ワタシノオウジサマ
この並びを見てなんとなくオモロイと思った人とは友達になれそうです。
そんな今日この頃。


・ナタデココを食べる。
・ブログを更新する。

なぜかこの2つの約束をしてしまったので、証拠の写真までとって更新してます。
でも、ブログを見てくれている人がちゃんといることが分かって、
ちょっと嬉しいというか安心というか不安というか・・・・・・


あんまり頻繁に更新はできませんが、
次回から「古今東西メーカー話(仮題)」として、
色んなメーカーの概略、有名なモデル、使用ミュージシャンとかを簡単に書く、
というシリーズでしばらくいこうと思います。
あまり主観的に書いてしまうと、間違った先入観を与えかねないので気をつけますが、
かといって当り障りの無いことだけを書いても情報としてあまり価値がないと思うので、
そのあたりのバランスを考えて、ちゃんと下書きしてから更新します。

やっぱり第一回はMartinかな?

| ホーム |


 BLOG TOP