カウンタ

プロフィール

トラ

Author:トラ
Martin D-35とGibson B-15、Ovation USA 2778LX-5を主に弾く、土建屋です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ヤマハのダイナミックギターを弾かせてもらった

喧嘩する猫は美しい(ハムスター速報)
ぬこ格好いいお( ^ω^)

児童ポルノ所持で捕まった男、「猫が勝手にダウンロードした」と言い訳する(痛いニュース)
ぬこかっk……って、それは無い無い



Yahooのマニュフェストマッチをやってみました。
↓↓↓

自民 2
みんなの党 2
民主 1
改革クラブ 1

みんなの党と改革クラブはうちの選挙区には出てないのよね。。。
だからって単純に自民に入れるということはないですよ。
「政治・行政改革」と「教育・子育て」じゃあ私の中での重みが違うし。
まぁ参考までに、みなさんも面白いのでやってみてください。
そんな今日この頃。






最近、古い日本製のギターが「ジャパンビンテージ」なんて言われて好事家にもてはやされています。
代表格のヤマハFGなんかはそれなりの値段で売り買いされていて、実際に鳴る個体はめちゃめちゃ鳴る。
FGシリーズも赤ラベルだの緑ラベルだの、年代で値段が変わったりするようですが、
ヤマハはFGシリーズを作る前に、「ダイナミックギター」というシリーズを出しています。
検索して貰えればマニアが色々と言及したサイトが引っかかると思うので、ここではあまり詳しくは述べませんが、
クラシックギターに鉄弦を張ったような代物です。
これ、なにぶん50年近く前に発売開始されたギターで、当時からそれほど高価な物ではなかったらしく、
まともな状態で残っている物は中々お目にかかれなかったりするのですが……


先日、初めて現物を見ました! 弾かせて貰いました!

TS3D0062.jpg


最近晴れて無職になり、ストリートライブの投げ銭で生計を立てる三十路のフォークシンガー某氏」の所有物です。
イベントで歌った休憩時間、ステージ隣の古物商の露天で3千円で売られていたそうです。


状態は、ハッキリ言って悪いです。
ネックは波打って、オクターブチューニングは全く合いません。
ボディも波打ってます。
弦も錆びてました(←これは所有者の責任)
けど、これがなんとも「味のある音」がするんですよ~
音量は、かなりでかい。
クラシックギター程度の小さいボディなのに、非常に大きな音が出ます。
指弾きでも十分ストリートライブが出来るくらい。
横でMartinでリード弾いても、かき消されちゃいそうなくらい。
決して「いい音」ではないのですが、カリンカリンに乾いていて、魅了されてしまう音でした。
ギターはメーカーや材だけじゃ語れない部分があるんだなぁ、と思った今日この頃でした。




で、まぁ何となく横でリードを弾いて、投げ銭の中から千円貰ったって話。
スポンサーサイト

<< Ovation試奏会 | ホーム | おまえら、最近のオベーションは凄いぞ! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP