カウンタ

プロフィール

トラ

Author:トラ
Martin D-35とGibson B-15、Ovation USA 2778LX-5を主に弾く、土建屋です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アコギ弾きのためのPA入門(1)

【09衆院選】幸福実現党が敗戦の弁 「立候補者名、党名の定着・浸透が不十分」(MSN産経ニュース)
 >選挙区によっては同党の母体「幸福の科学」の信者数にはるかに届かない得票数があったことを明らかにし、
 >「信者の信仰と政治選択に分離がある」と分析した。

じゃなくて信者数そのものが水増なのd(ry



どーでもいいことですけど、
長門の中の人はカイザーカポ使ってるみたいですね。
まぁ本当にどーでもいい事ですけど。
そんな今日この頃。




後輩の植田新くんが9月25日に時計台でワンマンライブをやるのですが、
そのPAを頼まれました。
さすが音楽で食っていこうってやつは耳が肥えている。私の技量を見抜いた末の判断ですな。

「単に頼みやすい先輩だからでないの?」「シャラップ!」

どんな理由にせよ、頼まれたからにはベストを尽くしますよ。
すでに時計台に置いてあるヤマハのミキサーの取説はダウンロードした!
やるぜー。超やるぜー。
というわけで、今回からしばらくPAのお話をしたいと思います。





アコギ弾きのためのPA入門


はじめに
アコースティックギター奏者の中には、ピックアップやマイクで音を拾って増幅することに無頓着な方が、割と多いように思います。
ソロギターでマグネットとコンタクトを併用してアレシスのリバーブをかけてT.C.Electronicのコーラスかけて……って方も勿論いますけども、
路上でジャカジャカやって歌う人なんか、ぜーんぜん分かって無い人もいます。
でも、「わかんねー」で終わらせちゃダメだと思うんです。

昨年「On the Street」という札幌大通公園で開かれた、主に路上でやってる人たちが演奏するイベントを見ました。
で、非常に腹が立ちました。
朝から夕方まで、20組ほどが出演したみたいなんですが、PAをたった2人で回していました。
うち一人は主催者の完全にPAについて素人っぽい方で、もう1人は出演者の叩き系のソロギタリスト。
当然のようにソロギの人がずっとPAに張り付いて、自分のステージ以外は全部PAをやってましたよ。
もう、昼飯も食わずに。
それをね、他の出演者は手伝いもせずにヘラヘラ笑って見てるだけなんですよ。
そして最後のステージ。
出演者全員がステージに上がって大合唱。
それを、同じ出演者なのにPAを黙々とこなす某氏。
平成20年のOn the Streetの出演者の方が見ていたら、問いたい。
お前ら、あのPAやってた人を見て何も感じなかったのか?
お前ら、友情とか愛情とか臆面無く歌ってたけど、あのPAやってた人を見て何も感じなかったのか?
お前ら、何も感じずにただ気持ち良く歌ってたのか?
だとしたらお前らの歌は嘘っぱちだ!


すんません、ちょっと感情的になってしまいました。
とにかくね、「PAとか分からねーよ」で済ますのはよろしくないと思うのですよ。



ってなわけで、次回からの予定

PAとは?
PAの最優先事項とは?
アコギの接続について
PAのコツ
最後に

乞うご期待! 予定は未定!
スポンサーサイト

<< アコギ弾きのためのPA入門(2) | ホーム | Ovation試奏会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP