カウンタ

プロフィール

トラ

Author:トラ
Martin D-35とGibson B-15、Ovation USA 2778LX-5を主に弾く、土建屋です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

アコギ弾きのためのPA入門(3)

アコギ弾きのためのPA入門(3)
~んで、アコギ弾きはステージに何持って行ってどう繋げばいいの? 前編~

実際にアコースティックギターでライブをするとき、ステージ上はどんな感じになるのでしょうか?
一番多いのは、エレアコをダイレクトボックス(DI)に繋ぐパターン。

(i)ダイレクトボックスを通してラインで出す
pa_in00.jpg


一般的にはアコギをステージで使うときはこうします。
勿論、エレアコを使うか後付ピックアップを付けてるって前提ですけど。
プリアンプとかダイレクトボックスという耳慣れない機材が出てきましたね。

プリアンプとは?!
パッシブ(電池の入っていない)ピックアップは出力が小さいので、ノイズの影響を受けやすいです。
アコギ用プリアンプってのは、ピックアップの拾った小さい信号を大きくしてやろう、という機材です。
アコギ用の物は、後述するDIの機能や、リバーブ・コーラスといったエフェクト付きのものも多いです。
ホントにプリアンプとしての機能だけのもので名の知れてるのって、FishmanのGIIとかL.R. BAGGSの GIGPROくらいなもんかな。
貼り付けピエゾとかだと必須ですが、電池入れるエレアコや、後付でも出力の大きいマグネティック・ピックアップを使うのなら、とくに用意しなくてもとりあえずは大丈夫です。


ダイレクトボックスとは?!
簡単に言えば、ギターやベースの信号を、ノイズが乗りにくいミキサーに直接入れられる信号に変換する機材です。
まぁDIを通さなくても10メートル未満くらいなら、ちゃんとしたシールドを使えば気にするほどのノイズはのらないかな。
普通はライブハウスの側で用意してくれてるはず。
小さいところだと「もう直でミキサーに入れて」ということも。
こだわる人は自分で用意してもいいし、ちょっといいアコギ用プリアンプはDI機能が付いてるので、それを使ってもいいでしょう。
単体でダイレクトボックスを自前で買う意味はないかと思います。

エフェクターは……まぁ好みで。
普通はアコギにはリバーブ・コーラス・ディレイあたりを。
バンドの人はコンプレッサーとか使ったり。

IMGP0349.jpg


こんなん買って、結局使いこなせないアホは私一人でいいよw









(ii)マイクで拾う
pa_in01.jpg


図にするほどのことは無い気がしますけども。
この方法は自然なアコースティックギターの音が拾えるというメリットがある一方、
ハウリングを起こしやすいことや、体を動かすと音量や音色が変わってしまうというデメリットも多く、あまりプロのステージでは使われていません。
が、全然いないわけではないです。
高田渡は晩年アル中で強く弾けなくなってもマイクを立てていて、見かねた中川イサトがエレアコをもたせたとかいう話があるとかないとか。
YouTubeで色々漁ってたら、Rick Ruskinがマイク立ててライブやってる映像ありました。



ビートルズの Here Comes the Sun



イーグルスの Hotel California


エレアコでは絶対に出せない「生音」の圧倒的な暖かみがいいです。
つづく。。。
スポンサーサイト

<< アコギ弾きのためのPA入門(4) | ホーム | 雑記 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP