カウンタ

プロフィール

トラ

Author:トラ
Martin D-35とGibson B-15、Ovation USA 2778LX-5を主に弾く、土建屋です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

中川イサト師匠のライブに行ってきました

ピックアップの話」の記事について、サークルの後輩から二人ほど反応がありました。
一人目「NEO-Dを買おうかと思うんですけど、シングルとハムのどっちがいいですか?」
あー、あれシングルとハムとあるんやね。
まぁ弾き語りに使うなら低音に厚みのあるハムバッカーの方がいいんでないかな。ノイズも無いし。

二人目「ブログのピックアップの記事、読みましたよ」
トラ「ああ、ありがとう」
二人目「やっぱ深田恭子はエロいですよね」
トラ「そっちかw」
そんな今日この頃。



「中川イサト with PETA 北海道二人旅」に行ってきました。
北海道ツアー最終日。「最終日は疲れてるけど、力が入ってまう」とイサトさん。
素晴らしいライブでした。

第1部はPETAさん。
インストもするけど、変則チューニングで弾き語りするという独特のスタイル。
CDを聴いてる分には凄さがよく分からなかったけど、ライブで見ると衝撃でした。
巧いよ、この人。

第2部は中川イサト師匠
長いキャリアのなせる技でしょうか、表現力が非常に豊か。
ギターの音色って、あんなに色々出せるもんなんですね。
我々素人は楽譜通りに弾くだけでおっぱいいっぱいいっぱいやから。
会場にハーモニカの千葉智寿さんが来てたのですが、
イサトさんがいきなりステージに挙げて「Cのブルースやるから」って。
即興でしたが素晴らしい演奏。どっちも一流なんだなぁ。

第3部。イサトさんとPETAさんの競演。
翌日にライブがあるので札幌入りしていた及川恒平さんが会場に来たということで、やっぱり引っ張り上げるイサトさん。
千葉さんもまた呼ばれて、4人で高田渡の「生活の柄」を演奏。
なんという豪華なメンバー。
もうね、ホントに3000円でいいの?! って感じでした。



打ち上げには参加せずに帰るつもりだったのですが、外は土砂降り。
一緒に行ったサークルの連中はみんな傘を持ってきてたのですが、私は英国紳士やから傘とか差さへん人なんです。
とりあえず雨宿り代わりに飲むか~、と思って打ち上げ参加。
イサトさんは「医者に止められとるんや」とアルコールは一切飲まず、いきなり大量の薬を出してきて、
「ひょっとして健康面に不安が?」とか思ったけど、全然元気で喋りまくってました。
色々お話できましたよ。
まぁ面白い話はココに書けないし、それ以外だと取り立てて書くような話はあまりなく、しょーもない話が大半でしたが。
まぁ1つ。
「やっぱりライブではピックアップを使った方が良い。音圧が全然違う」
との事です。


ちょうど押尾コータローさんも北海道に来てるということで、呼ぶかって話になりかけたのですが、
明朝1番の飛行機で内地に帰るってことで、流石に厳しいだろうと声は掛けず。
ちょっと残念。「押尾さんと一緒に飲んだ」って言えばギタオタ以外の一般人にも「おぉ!」ってなるのになぁ、とwww。


その後は結局最後まで付き合い、河岸を変えて飲み直したりもしつつ、解放されたのは朝の4時でした。
イサト師匠は一滴もアルコールを口にせず、ベラベラベラベラと喋り続け、
解散後は「ラーメン食いたい」といってPETAさんとラーメン屋へ入っていきました。
あの起きたきり老人、何とかしろwwww
いや、ホント、いつまでも元気でギター弾いて我々を感動させてください。
スポンサーサイト

<< ドナドナ | ホーム | 落ち込むこともあるけれど,研究は順調です >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP