カウンタ

プロフィール

トラ

Author:トラ
Martin D-35とGibson B-15、Ovation USA 2778LX-5を主に弾く、土建屋です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

とにかく俺一人の食い扶持くらい稼がんことには話にならん

それは君、双極性障害というやつだよ。
そんな今日この頃。


先輩のつてで、とあるメーカの就活イベントに行ってきました。
かなりの優良企業なのですが、普通に生活してたら知るはずのない会社です。
リクナビとかには登録せず、まぁうちの大学レベル以上のところから、先輩後輩のつてで採用しているそうな。
「11時から15時」っていつ飯を食えばいいんだよ、と思ってたらご飯が出ました。
酒まででました。
ってか、ホテルの会議室を借りて、ホテルで料理と酒が出て、これ幾らかかってるんだろ……
で、帰りにお土産だといってスイスアーミーのちっちゃいナイフをくれたけど、この会社は一体何を考えてんだwwww
ま、いいや。


昼酒呑んでちょっと気持ちよくなってお開き。
ちょうど近くだったし時間もあるし、道立近代美術館に。
常設展は「エコール・ド・パリ 異邦人の夢」
特別展は「ANIMAL FANTASY イヌイト・アート&動物たち 」
常設はあんまり心を動かされるものは無かったです。
特別展は……イヌイットの作品はなんか気持ち悪いというか、ちょっと私の趣味には合わないかなぁ。
小林敬生(こばやしけいせい)と江本創(えもとはじめ)の作品には魅せられました。
小林敬生さんは木口木版という技法を用いて、自然の活力を鬼気迫る感じで表現していて、ゾクゾクきました。
江本創さんは緻密に作られた架空の生き物の標本。こんな生き物がひょっとしているんじゃないか、いたらいいな、と。
常設展・特別展の共通券は高大生450円、一般1000円です。
学生さんは安いので是非行きましょう!






以下、恥ずかしいモノローグを書きます。
つまらないと思うので、読まないでください。























昔、付き合っていた女の子とよく道立美術館へ行きました。
植物園とかも行きましたね。
美術館は学生は安いし、植物園は北大生は無料なので。
もちろん、絵や彫刻を見ることは好きだったし、樹木草本を眺めると心が和んだけど、
そんなことより、君と一緒に過ごす時間、君と同じ風景を見ている瞬間。
このまま時間が止まればいいと、本気で思っていました。

これから……私も何人かの女の子とお付き合いするんでしょう。
その気持ちが嘘だとかそんなことは決してないだろうけど、
誰も君の代わりになんてなることはできない。

今、君の隣に誰かいるのでしょうか?
君の透き通るような白い肌に口づける人はいるのでしょうか?
あの流麗なフォームで手刀をかます相手はいるのでしょうか?
そんな奴、いなければいいな。
そう思うのは、私のエゴでしょうか?

きっと私は、君にとって良い彼氏では無かっただろうし(だいたい君から別れを切り出したわけだし)
付き合っている最中から、結構わがままを言ったし、
別れを告げられてから、ずいぶんみっともない真似をしたけど、
本当に君が好きだったし、今でも好きだ。

仕事はうまくいってますか?
夏にメールしたら、「今月は休みが5日しかない」とか書いてきたけど、
体をこわしてはいませんか?
真面目すぎる君だから、頑張りすぎていないか心配です。
「頼りにされること」と「あてにされること」の区別が付かない君だから心配です。
なんでも自分一人で抱え込まないで。
たまには誰かに甘えて。
残念ながら、私は君に甘えてばかりだったけど、
いつか君が本当に甘えることの出来る男が、君の前に現れるといいね。

これから何人の女が私の下を通り過ぎても、
何人の女に私が惚れても、
君は君です。


そんなことを考えながら、転ばないようにあるいた美術館からの帰り道。


スポンサーサイト

<< 遊び人……ではないなぁ | ホーム | チーズフォンデュと長渕と酒と泪と男と女 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP