カウンタ

プロフィール

トラ

Author:トラ
Martin D-35とGibson B-15、Ovation USA 2778LX-5を主に弾く、土建屋です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

【独断】アコギのブランドについて語る【偏見】第一回 三大アコギメーカーって何?

普通に道歩いてたら、信号待ちで止まったタクシーの窓が開き
「タクシーいかがですかぁ?」
そんな八百屋みたいな威勢の良いタクシーの客引き、初めて見ました。
そんな今日この頃。


ギターの蘊蓄を傾ける奴ほど、実際にギターを弾かせると大したことなかったりしますよね。
ひょっとしたら、私もその一人かもしれません。
でも、ギター弾きなら多少はギターメーカ-のことを知っていた方がいいと思うのです。
何も知らずにギターを買いに行った初心者が、上手いこと店員に言いくるめられて変なギターを買わされるような事態は、なるべく避けないと。
そんなわけで、ギターのメーカー・ブランドについて、ザッと簡単に語っていきたいと思います。
あんまりマニアックなことは書かないので、「ふーん」って感じで読んでください。
明らかな間違いがあったら指摘して下さい。
でゎでゎ、始めたいと思います。




【独断】アコギのブランドについて語る【偏見】
第一回 三大アコギメーカーって何?



三大ギターメーカーというと、一般的にはMartin・Gibson・Fenderだそうです。
三大「アコースティック」ギターメーカ-となると、古くはMartin・Gibson・Guildを指していました。
フォーク全盛期からアコギの音の好みは「マーチン派」「ギブソン派」と大別され、Guildは「マーチンとギブソンの中間的な音だよね」などというすげぇ適当な扱いをされていた……ようです。(私はその頃まだ産まれてないので定かではない)
Guildを愛用していたプロミュージシャンもたくさんいるんだけど、どうしても「めったにギターを乱暴に扱わない南こうせつが、つま恋で興奮して放り投げた」「長渕剛が離婚の際に自暴自棄になり『自分が一番大切にしているものを壊してしまおう』と思って自ら叩き割った」などのエピソードが先行し、壊されるギターのイメージです。私だけ?
実際、ヴィンテージやオールドの価格も割と安いです。
その後、Guildは創業者の一人が飛行機事故で急死したことなどもあり、ズンドコズンドコ凋落。
平成7年にはとうとうFenderに買収されてしまいました。
代わりに台頭してきたのが、合理的な設計と圧倒的なプレイアビリティでプロからも急速に支持を集めたTaylor。
現在はGuildの代わりにこのTaylorを加えた、Martin、Gibson、Taylorを三大アコギメーカーと呼びます。

第二回 モーリスの方向性(1)
スポンサーサイト

<< 一次選考通過(゚∀゚) | ホーム | 加奈崎芳太郎のライブに行ってきました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP